線材・線

線の素材となる線材には一般のいわゆる線の用途にあてるもの(JIS G 4308 ステンレス鋼線材)と溶接用線(JIS G 4316 溶接用ステンレス鋼線材)の2種類があります。熱間圧延後、熱処理酸洗したもので、コイル状の丸鋼・角鋼などです。

線の種類は、用途に応じて次のように分類されています。
・ステンレス鋼線(軟質、一般用で強度により種類が異なる)
・ばね用線(硬質、ばね用として高強度、および靱性が優れるなどの品質が要求される)
・冷間圧造用線(ボルト・ナットなどのねじ類用)
・溶接用線(溶接用材料)

製品名 線材
メーカー名 圧延 伸線
新日鐵住金ステンレス
愛知製鋼
山陽特殊製鋼
大同特殊鋼
日立金属
西日本ステンレス鋼線
日本精線
富士精線

 

このページのTOPに戻る