SAS規格

SAS(Stainless Steel Association Standard)とは、JISとするには一般的認知が不足し広く世の中で使われていませんが、ステンレス鋼を使用する上で必要な基準となります。この基準についてステンレス協会の規格として定めたものです。
しかし、広く一般に適用されるようになればJIS化をすることとなります。

SAS規格一覧

規格番号 規格名称
SAS 221―1988 ステンレス鋼溶接形鋼
SAS 311―1989 一般構造用ステンレス鋼角形鋼管
SAS 321―1986 水道用ステンレス鋼管の埋設用管継手性能基準
SAS 322―2013 一般配管用ステンレス鋼鋼管の管継手性能基準
SAS 358―1992 一般配管用ステンレス鋼弁
SAS 359―1988 一般配管用ステンレス鋼ストレーナ
SAS 360―1988 一般配管用ステンレス鋼管のステンレスベローズ製防振継手
SAS 361―2013 ハウジング形管継手
SAS 362―1995 埋設用ステンレス鋼フレキシブル継手
SAS 363―2005 管端つば出しステンレス鋼管継手
SAS 371―2006 建築設備用ステンレス配管プレハブ加工部材
SAS 521―1991 高窒素オーステナイトステンレス鋼の溶接材料
SAS 522―1992 建築構造用ステンレス鋼溶接材料
SAS 551―1987 応力腐食割れ試験用溶接試験片の作製方法
SAS 801―2000 ステンレス鋼溶接施工基準
SAS 851―1980 ステンレス鋼製貯湯槽の施工・維持・管理指針
SAS 852―1983 ステンレス鋼製受水槽の設計・施工・維持・管理指針
このページのTOPに戻る